化粧品許可 化粧品製造業許可 横浜
化粧品許可 化粧品製造業許可 化粧品製造販売業許可 横浜


化粧品とは


化粧品を製造または販売するには


ポイント


必要な許可(手続)


許可の要件

化粧品許可 化粧品製造業許可 化粧品製造販売業許可 横浜


会社案内


依頼するメリット


料金表


お問合せ

 border=
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


トップページ > 化粧品を製造または販売するには
化粧品許可 化粧品製造業許可 化粧品製造販売業許可 横浜
               
化粧品を製造または販売するには
化粧品に関する許可は、製造業と製造販売業があります。
行う業務によって製造業又は製造販売業もしくはその両方の許可が必要になります。

○製造業

製造業は、下記のような許可になります。

・自ら、もしくは製造販売業者の委託を受け、製品を製造する
・製造所で製品を製造・輸入する
・製造した製品は製造販売業者または製造業者にのみ販売・賃貸・授与することができる
・自社は、製造・輸入は行うが、他社が市場への出荷を行う場合に必要

輸入をした商品や、海外で製造した製品にラベルを貼ったり、箱詰めしたりする場合や出荷前の製品を一時保管する場合でも製造業の許可が必要になります。

また、化粧品製造業は、区分が
「一般区分」「包装・表示・保管区分」の2つ分かれており、申請を行う業者はいずれかを選択して取得します。

○製造販売業


製造販売業は、下記のような許可になります。

・製品についての
流通責任を負う
・品質だけでなく、安全性についても積極的に収集・分析・評価を行い、必要な措置を逐次講じることが求められる

・製造された製品を市場へ供給(製造することはできない)

製造販売業者は、製品の製造販売後の不具合などの問題を含めて全責任を負うので製造を別業者に委託した場合でも常に品質管理等の監督をする必要があります。

>>詳しくはコチラ
 
化粧品許可 化粧品製造業許可 化粧品製造販売業許可 横浜
Copyright (C) Support Solicitor Office. All Rights Reserved.